標準拡大


社協って 定款・諸規程 事業計画・予算・事業報告・決算
東金市社協_社協って
 社会福祉協議会は、「誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくり」をすすめるために、地域の皆様、民生委員・児童委員、社会福祉施設、ボランティア及び市民活動団体や福祉サービスを提供する事業者などあらゆる団体・組織の相互理解と協働によって地域福祉を推進する民間の社会福祉団体です。
 民間組織としての「自主性」と、広く住民の皆様や社会福祉関係者に支えられた「公共性」という2つの側面をもって活動しています。また、社会福祉協議会を略して“社協”と呼んでいます。

東金市社協_5つの原則
①住民ニーズ基本の原則
調査などにより、地域住民の要望、福祉課題などの把握に努め、住民ニーズに基づく活動を展開する。

②住民活動主体の原則
住民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による組織を基盤として、活動をすすめる。

③民間性の原則
民間組織らしく、開拓性・即応性・柔軟性を活かした活動をすすめる。

④公私協働の原則
社会福祉、そして保健・医療、教育、労働などの行政機関や民間団体などと連携を図り、行政と住民組織との協働による活動をすすめる。

⑤専門性の原則
住民の福祉活動の組織化、ニーズ把握調査、地域福祉活動の計画づくりなど、福祉の専門性を活かした活動をすすめる。

東金市社協_法人概要
名 称 : 社会福祉法人東金市社会福祉協議会
所在地 : 千葉県東金市田間三丁目9番地1
認 可 : 昭和49年3月1日
設 立 : 昭和49年5月7日
役 員 : 理事12名・監事2名
根 拠 : 社会福祉法第109条

東金市社協_定款
 社会福祉協議会は、地域における住民組織と公私の社会福祉事業関係者等により構成され、住民主体の理念に基づき、地域の福祉課題の解決に取り組み、誰もが安心して暮らすことのできる地域福祉の実現を目指します。
 本会では、「住民組織」を基礎会員として位置づけ、会員加入と会費の納入をお願いしています。

【 一般会員 】
 社会福祉に関心を有し、本会の目的に賛同した者で、各世帯を単位とする。会費は、1口500円とする。

【 賛助会員 】
 社会福祉に関心を有し、本会の目的に賛同した者で、役員、学識経験者等とする。会費は、1口1000円とする。

年度一般会員一般会費額加入率
平成27年11,807世帯5,903,500円74.2%
平成26年11,803世帯5,901,500円70.3%
平成25年11,712世帯5,856,100円73.2%
平成24年12,031世帯6,015,600円74.9%
平成23年11,601世帯5,800,600円72.3%
平成22年11,669世帯5,834,600円72.8%
平成21年11,767世帯5,883,600円73.2%
平成20年11,788世帯5,894,000円73.2%
平成19年11,625世帯5,812,250円72.6%
平成18年11,542世帯5,770,850円72.4%
平成17年11,578世帯5,789,100円73.9%
平成16年11,519世帯5,759,500円74.9%
前のページへもどる

個人情報保護方針 | リンク | サイトマップ